【ace.】ミニマリスト向けショルダーバッグ(A4サイズ)の解説

【ace.】ミニマリスト向けショルダーバッグ(A4サイズ)の解説

今回は、最近買ったシンプルでA4サイズが収納できるショルダーバッグ「ace. HANSREE-SD(ハンスリーSD)」の解説です。

今まで「A4サイズが収納できる」をウリにしていて、見た目がお気に入りのショルダーバッグが見事に収納できなかったのですが、今回のハンスリーSDでようやく理想のカバンに出会うことができたと感じました。

お仕事とプライベート両方で使えて、A4サイズくらいの大きさが入るショルダーバッグをお探しの方にはぜひ一度検討してみて欲しいです。

(本記事の情報は公式サイトより引用させていただいてます。)

目次


ハンスリーSDとは

ace.のビジネス向けブランド「ace.GENE LABEL」で展開されているバッグで、モデルは以下の4つがあります。

  • B5ショルダーバッグ(No.62881)
  • A4ショルダーバッグ(No.62882)
  • B5ボディバッグ(No.62883)
  • A4ボディバッグ(No.62884)

それぞれブラックとネイビーの2色展開なので選択肢としてはなかなか幅広く、自分の用途に合わせて選べるバッグですね。

自分が買ったのはNo.62882のA4ショルダーバッグになります。

特徴としては以下が挙げられます。

  • 左右どちら掛けでも使いやすいジッパー
  • 取手が多くて持ちやすい
  • 撥水加工

それぞれ解説していきます。

左右どちら掛けでも使いやすいジッパー

ショルダーバッグやボディバッグは斜めに掛けて、「移動するときは背中側にバッグを」「モノを取り出すときはお腹側にバッグを」とスライドさせて使います。

カバンを右肩にかけるか左肩に掛けるかは人によって違うため、ジッパーの向きが自分の掛け方と合っていない場合は使いにくいカバンになってしまいます。

ハンスリーSDは、収納スペースのほとんどがダブルジッパーになっているため、自分の使い方に合わせてジッパーの位置を調整できます。

※ ショルダーバッグタイプは一番外側のジッパーだけ、一方向になっているので注意が必要です。

取手が多くて持ちやすい

ショルダーバッグタイプは、取手が3つ付いています。(※ ボディバッグタイプは上のみ)

上と左右で付いているので、カバンを背中とお腹とでスライドするときにどちら掛けでも引っ張ってきやすく、カバンを掛けずに持っておくときは上の取手を使うことができるのでかなり便利です。

撥水加工

完全防水というわけではありませんが、撥水加工がされているのでちょっとした水漏れや通り雨も安心です。

革製品とかは雨にとても気を遣いますが、気軽に使えていつも持ち歩きたくなります。


良いところ

次に、このカバンを気に入っている良いところを紹介します。

  • A4用紙が危なかしくなく入る
  • 収納スペースとポケットが多い
  • Surface Pro 7がなんとか入る
  • スマホポケットがかなり使える

順番に解説していきます。

A4用紙が危なかしくなく入る

クリアファイルに入れておけばA4用紙がきれいに入ります。

以前購入したカバンはA4が入るとなっているにも関わらず、いざカバンに入れると端っこが折れそうになっていたり、クリアファイルが湾曲してようやく入るというような仕様になっていて残念な気持ちになりました。

ハンスリーSDのA4モデルは難なくきれいにA4ファイルが収まるので、提案書や見積書などの重要なビジネス書類も安心して持ち歩けます。※ 超重要

収納スペースとポケットが多い

ビジネス向けブランド「ace.GENE LABEL」だけあって、収納スペースやポケットの配置が非常に良いです。

以下のものを別々の場所に入れることができています。

  • 財布
  • 鍵入れ
  • 交通系ICカード入れ
  • 領収書入れ
  • ティッシュ・目薬などの常備薬の小物入れポーチ
  • A4クリアファイル

自分はカバンの中でモノを探す時間が非効率なため大嫌いで、上記を別々に配置できると出したいものを一発で取り出せるので非常に助かります。

この辺りはさすがビジネス向けという印象ですね。

全く余談ですが、100均で売っているB8カードケースに名刺を入れておき領収書入れと一緒にしておくと領収書を依頼したときの「宛名はどうしましょう?」にすぐ対応できます。

Surface Pro 7がなんとか入る

こちらは非常に嬉しい誤算で、公式にはノートPCが入ると書かれていないもののSurface Pro 7をスリーブケースに入れたままギリギリ入ります。(かなりギリギリですが)

純正アダプターを別の小物入れに入れて一緒に入れるとカバンがパンパンにはなりますが、ちょっとした打ち合わせへのお出かけはこのカバンだけで完結できるのでめちゃくちゃ助かってます。

スマホポケットがかなり使える

カバンの裏面(自分の体側)にジッパーなしのスマホを入れるポケットが付いているのですが、これが意外と便利です。

自分は個人の連絡用と仕事用のスマホ2台持ちにしていて、個人の連絡用スマホはズボンの左前ポケットを定位置にしています。

仕事用スマホを今までカバンの荷室に入れていたのですが、このスマホポケットがあるおかげで電車に乗ったときなどにサッと取り出すことができます。


気になるところ

今度は、ほとんどありませんがハンスリーSDの気になるところを紹介します。

  • ペットボトルとノートPCは一緒に入らない
  • ベルトの長さ調整バンドは右側のみ

順番に解説します。

ペットボトルとノートPCは一緒に入らない

先ほどSurface Pro 7がギリギリ入ると紹介した通りで、ノートPCを入れる場合ペットボトルは入りません。

両方持ち歩きたいという方は要注意ですね。

10インチクラスのタブレットとならペットボトルも入るので、普段使っているものに合わせて検討した方が良さそうです。

ベルトの長さ調整バンドは右側のみ

カバンのベルトやバックルは写真のようになっています。

調整バンドの位置が背負った場外の右肩側に来るようになっているので、右肩に掛ける人はバンドの位置を調整しないと気になるかもしれません。

自分は右肩に掛ける派ですが、特別バンドが邪魔だなとは感じていませんが念のため。


以上、シンプルでA4サイズが収納できるショルダーバッグ「ace. HANSREE-SD(ハンスリーSD)」の解説でした。

見た目がかなりシンプルでスッキリしていながら、機能性は十分なショルダーバッグでめちゃくちゃ気に入っていて、ミニマリストな方にも向いている一品です。

お仕事とプライベート両方で使えて、A4サイズくらいの大きさが入るショルダーバッグをお探しの方にはぜひ一度検討してみてください。

<< コンパクトでB5が収納できるモデル >> [エースジーン] 2WAYショルダーバッグ ハンスリーSD 62881
<< A4も入ってスッキリとしたモデル >> [エースジーン] ボディバッグ ハンスリーSD 62884

この記事もおすすめ