【MOFT X】縦置き横置き両方使いやすい最強のスマホスタンド

【MOFT X】縦置き横置き両方使いやすい最強のスマホスタンド

今回は、昨年11月頃にMakuake経由で応援購入したスマホスタンド「MOFT X」について、半年以上使ってみた感想をご紹介できればと思います。

個人的には、取り付けに問題がなければこれから買う携帯全てに取り付けたいくらい気に入っていますので、良いところとこれから買おうとしている方向けの注意点を解説していきます。

スマホリングを買おうか迷っている方、スマホスタンドを買うほどではないかなと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

※ ちなみに自分はワイヤレス充電非対応のマグネットありを利用しています。

目次


良いところ

まずMOFT Xを買って(使って)良かったーと思っているところを紹介します。

  • 横向きで使える
  • 縦置きが意外と便利
  • カードを入れられる
  • ワイヤレス充電対応モデルあり

順番に解説していきます。

横向きで使える

定番なのですが、MOFT Xを取り付けることでスマホを横向きで角度をつけたまま机の上に置くことができるようになります。

これができることでYouTubeなどの映像をスマホで見るときに、画面を横向きにしたまま机の上に置くことができるので非常に便利です。

特に我が家でこの横置きが便利だと感じるのは、子供用に家に置いている見守りカメラの映像を見るときですね。

まだ子供が赤ちゃんなので、TP-Linkさんの「Tapo」という見守りカメラを使って少し離れるときでも子供の様子が見れるようにしています。

夫婦共に夜もけっこう作業をしていますので、寝かしつけたあと子供が急に泣いてもすぐに部屋に向かえるように映像を流しているのですが、そのときにスマホを横向きに置けるので非常に重宝しています。

縦置きが意外と便利

横向きももちろんすごく良いのですが、縦置きが机の上で使うときに手がラクになるのが一番大きいかもしれません。

スマホを縦置き状態にしたまま軽く手を添えるだけで、持ち上げている状態と同じような操作感になるため持ち上げる必要がほとんどありません。

テーブルに縦置きした状態で、

  1. 画面ロックを解除
  2. アプリを開いて
  3. 中身を確認して
  4. 閉じる
  5. ロックボタンを押して放置

この流れを机から動かさずに操作できてしまいます。

スマホリングの場合、どうしても横置きにしたいときと縦向きで使いたいときで、リングを回す操作が必要になりますがそれが無くなるというのは本当に快適ですね。

カードが入れられる

本記事のタイトル下の写真のように免許証やクレジットカードを入れることができます。

写真だと少しわかりにくいのですが、実はクレジットカード1枚と免許証1枚(計2枚)を入れていて、ちょっとした外出であれば家の鍵と携帯を持って出るだけでほとんどのことがまかなえるようになりました。

それでも意外とかさばりません。

最近ではPaypayなどのQR決済やクレジットカードで会計を済ませられることも多いので、車でスーパーまで行くときは本当に手ぶらになりました。(買い物袋が必要になりましたがw)

普通のお出かけの際もカバンから財布を出さなくても良くなり、生活の利便性がかなり向上しています。

ワイヤレス充電対応モデルあり

筆者が購入した時点では、Qiなどの置くだけで充電できるタイプの充電器で充電することができないモデルのみでしたが、現在はワイヤレス充電対応モデルが出ているようです。

ワイヤレス充電対応のため、背面のマグネット内蔵がなくなっており「磁石で壁につける」などはできなくなっているモデルのようです。

他のブログなどで紹介されているのがどちらのモデルかを確認しておいた方がよさそうですね。


注意点

これだけ便利なMOFT Xですが、いくつか注意点があります。

  • 指紋センサーが背面にある場合
  • ケースによっては取り付けられない
  • 背面の一部が剥がれてくる

順番に解説します。

指紋センサーが背面にある場合

筆者は写真に写っているSONYのXperia 5とは別に、仕事用でGoogleのPixel 4aも利用しています。

XperiaでMOFT Xの便利さに慣れてしまっているので、Pixel 4aにも取り付けたいなーと思っているのですが、背面に指紋センサーがあるため、MOFT Xをそのまま貼り付けると指紋センサーに干渉してしまいます。。。

MOFT Xの貼付け面をハサミなどでカットして貼り付ければ解決しそうなのですが、「それはそれでどうかなぁ。。。」と二の足を踏んでおり購入に踏み切れていません。

そのため、背面に指紋センサーを搭載しているスマホを使っている方は購入前に一度貼り付けるときにサイズ的な干渉がないか確認することをおすすめします。

参考までに本体サイズを載せておきます。

  • 対応サイズ: 4.7インチ
  • 本体サイズ: 64mm x 105mm x 4.7mm

ケースによっては取り付けられない

布地の素材やフラップタイプのケースだと、MOFT Xを貼り付ける面がボコボコしていたりそもそも吸着テープが貼りづらかったりすることがあります。

ケースの上に取り付ける場合は、できるだけプラスチックや柔らかいプラスチック(TPU素材)などのつるつるしたケースで使うのが良さそうです。

(筆者はつや消しタイプのプラスチックケースですが、なんとか引っ付いてくれていて半年以上剥がれたりしていません、たまたまですが😎)

背面の一部が剥がれてくる

画像のペン先がかぶっている黒色の細い部分が徐々に剥がれてきますので、自分の場合は瞬間接着剤で剥がれた部分を接着して対応して使い続けています。

MOFT Xをおすすめしてくれていた友人も同じように剥がれていたので、製品の特性上剥がれてきてしまうのだと思います。これはバージョンアップで耐久性アップしてもらえると嬉しいですね。

瞬間接着剤でつけてからおそらく数ヶ月経ってますが問題なく使えていますので、もし気になるようでしたら同じようにやってもらうと良いかもしれません。(※ 接着剤を使う場合はスマホをケースから外してやることをおすすめします)


以上が、MOFT Xを半年以上使ってみた感想のご紹介でした。

当時はクラウドファンディングでしか購入できませんでしたが、今はAmazonさんでも購入可能になっています。

  • 立てて使いやすく
  • 横向きでも使えて
  • 免許証やクレカを一緒に持ち歩ける

便利なスマホスタンドです。

快適なスマホ生活のお役に立てれば幸いです。

快適なスマホスタンド >> MOFT X (磁石内臓)
タブレット版の >> MOFT X タブレットスタンド

この記事もおすすめ