【レビュー】新生児を迎える時にあって良かったアイテム6選

【レビュー】新生児を迎える時にあって良かったアイテム6選

今回はいつもと違ってIT技術ではなく、子育てに関するTIPSをご紹介できればと思います。

最近ありがたいことに無事子供を授かることができまして、出産前後でドタバタしたのでその時の経験やこれからの子育てで「これは良かったな!」や「あーしとけばよかったなぁ」などもご紹介できればと思っています。

今回は出産直後に(必須アイテムではなく)あって良かったと思ったアイテムを6つご紹介させていただきます。

これから子供を迎えられるITエンジニアさん(もちろんそれ以外の方も)のお役に立てれば幸いです。

早速ですが、特に「あって良かった!」と思えるものから順番にご紹介していきます。

目次

  1. おむつ処理ポット
  2. グッドキャリー
  3. 授乳用クッション
  4. おしりシャワー
  5. 沐浴用ベビーバス
  6. 非接触型体温計

1. おむつ処理ポット

第1位、おむつ処理ポットです。

おむつ交換はこれからおむつが不要になるまで死ぬほど交換することになるとわかっていたので、「たかがゴミ箱」「されどゴミ箱」と思いそれなりに考えて選びました。

このおむつ処理ポットは、使用済みを蓋を開けて、押し込んで、小さいレバーをクルッと一周回すとほぼ臭いがしないという楽チンアイテムでした。

ウチの子供は1日に8回おむつ交換が必要だったりしているのですが、あんまり臭いを考えずにポンポンぶち込めるのでめちゃくちゃ助かってます。

溜まったものをゴミの日にまとめてゴミ袋に入れてポイッって感じで、めんどくさいおむつ処理をお手軽にしてくれるアイテムです。


2. グッドキャリー

第2位、グッドキャリーです。

このタイプは

  1. チャイルドシート
  2. キャリー
  3. ロッキングチェア

と3役こなしてくれるのですが、今のところ特に1と2で活躍してくれています。

出産直後の退院時やちょっとした子供の移動の時にチャイルドシート兼キャリーとして使えるのがめちゃくちゃ助かります。

病室や部屋の中で子供をこのシートに乗せて、そのまま車に移動して取り付けができるので子供の移動も最小限で済むのでわりと機嫌よくしてくれています。


3. 授乳用クッション

第3位、授乳用クッションです。

ぶっちゃけ既に持っているクッションやタオルを組み合わせたら無くても良いかもしれませんが、ウチでは買って良かったです。

やっぱり各社さん研究して高さなどが調整されているのか、ベストポジションで授乳できるようでとても助かってます。

病院にはあって、退院後初日は無しで授乳してもらってたんですが「やっぱあった方が良いかも」となって用意するとやっぱり格段に授乳のしやすさが違うようです。

吸うのがラクなポジションを取れると母子ともに負担が少ないのかも知れませんね。


4. おしりシャワー

第4位、おしりシャワーです。

これは100均などに売っている化粧水の詰替え用ボトルでも代用可能です。

妻の妊娠中に参加したプレパパ・プレママのおむつ交換体験のときに助産師さんから教えていただいていて、用意しておいてよかったなと思ったアイテムです。

おしりふきシートも使っているのですが、今の季節特に冷えてしまっているシートでおしりを拭くと「ビクッ」ってなるのがとても可愛そうで、、、( TωT)

こちらのボトルに人肌のお湯を入れて、おむつ交換中に流してあげるとティッシュでパパっと拭くだけできれいに汚れも取れますし、おしりふきシート1、2枚で取れない汚れも簡単に落ちる印象でした。

最近の紙おむつの水気吸収力さまさまですね。


5. 沐浴用ベビーバス

第5位、沐浴用ベビーバスです。

今回は里帰り出産で産後しばらく向こうで過ごすため、プラスチックタイプのでかい沐浴用だと持ち帰るのが大変だなと思い、空気で膨らますタイプを選びました。

畳んでしまえばコーンフレークの箱くらいのサイズまで縮みつつ、膨らませばしっかり沐浴できるので助かります。

子供がずり落ちないように、お股に引っかかる柱が立つようになっていて安心感もありますし、この部分を使って膨らますのですが膨らますのがめっちゃラクです。


6. 非接触型体温計

第6位、非接触型体温計です。
(便利さではトップクラスなのですが、精度の問題もあるため6位としました)

子供が体調を崩していないか心配になりつつも体温計で体温を測る間じっとしてもらうのはなかなか難しいんじゃないかと思い、非接触型の体温計を選びました。

今まで使っていたものが脇下で時間がかかることもあり、自分が使うのでも便利そうだったので奮発して購入。

非接触なので脇下で測るようなものほどの精度は出ないと思いますが、自分自身で測り比べてどれくらいの誤差が出るかを把握しておけば、日々測るときはこちらで良いのではないかという印象です。

ボタン押してピッで測れるのでめちゃくちゃ便利です。


以上、出産直後に「あって良かった!」と思ったアイテム6つを紹介しました。

まだまだ新人の父親ですが、自分なりに勉強したことや経験したことも今後は紹介できればと思います。

新生児を迎える方の参考になれば幸いです。

この記事もおすすめ